寝る前に行ってはいけない9つのこと

良い睡眠は体の疲れを取り除き、ストレスを軽減し、体重の減少を助け、さらには長生きにも繋がりますが、私たちの誰もが行っている就寝前のいくつかの習慣は、体に悪影響を与えます。毎晩、寝つきが良くなりたい、健康的な睡眠をとりたいと思う方は、これから紹介する簡単で効果的なルールに従って下さい。
私たちは、ジムで良い汗を流すと寝つきが良くなると考える傾向がありますが、必ずしもそうではありません。理想的には寝る3時間から4時間前、できれば6時間前にトレーニングを終えることです。
夜に多少の水を飲むのは結構ですが、量を調整しながら自分にとっての適量を見つけましょう。全米睡眠財団の発表によれば、一般的には人は寝る前に230ミリリットルの水を飲むと、一晩中よく眠れるということです。
仮眠時間は20分以内にして下さい。それより長い仮眠をとると深い眠りから目覚めてしまい、結果、起きた時にすっきりせずに意識がもうろうとすることになります。
夜遅くまで仕事をするのはよくありません。夜遅くまで働くとその後の数時間をベッドで横になりながら、仕事のことばかり考えてしまいがちになるのです。その代わりに、頭をすっきりさせて、明日のプランを立て、書き留めましょう。良い睡眠がとれないとベストな状態にはなれません。一旦、全てを手放してリラックスしましょう!
薬、特に処方箋は睡眠に多大な影響を及ぼすので注意が必要です。眠気を引き起こすものもあれば意識を覚醒させるものもあり、これは特に抗鬱剤に当てはまります。鎮痛剤も健康的な睡眠を阻害するので、寝る前に薬を飲む場合は注意しましょう。
多くの人は熱いお風呂は良い睡眠に繋がると考えていますが、それは単なる神話にすぎません。真実は、温度の変化が睡眠を促すのであり、熱いシャワーやお風呂そのものの効果ではありません。そして、この温度差が高いほど眠りたくなります。
音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

第9位 エクササイズ 0:40

第8位 水を飲む 1:40

第7位 仮眠 2:33

第6位 創作活動を行う 3:30

第5位 電子機器の使用 4:33

第4位 薬を飲む 5:47

第3位 神経質になる 6:37

第2位 熱いシャワーを浴びる 7:57

第1位 ペットと一緒に眠る 8:59

概要:
-寝る3時間から4時間前、できれば6時間前にトレーニングを終えましょう。あなたがジムに行った直後に横になっても、体は起きているので眠れません。
-水を飲みすぎても夜中にトイレに行きたくなり、翌朝目の下にくまを作って起きるはめになります。
-夜中にぐっすり眠りたいのであれば、仮眠は午後1時から4時の間にとりましょう。毎日の仮眠を最大限に利用したいなら、毎晩同じ時間帯に就寝するようにし、1時間半以上は仮眠を取らないように。
-絵や文章を書いたり楽器を演奏したりすれば、集中力が増し、脳が極端に活性化してしまいます。創作することによって夜に目が冴えていると感じたのであれば、夜更かしする可能性も高くなり、朝に眠たくなるでしょう。
-コンピューターや携帯電話の画面から放出されるブルーライトが、睡眠覚醒サイクルを調節するホルモンであるメラトニンの生成に大きく影響します。
-医者の指示が特にない場合は、薬は1日の前半に飲んだほうが良いでしょう。
-少なくとも就寝一時間前は、強い感情を呼び起こすようなものを避けて下さい。もし精神が乱れていると感じたのであれば瞑想してみましょう。
-通常、私たちの多くが熱いシャワーを10分以上浴びることと思いますが、それは肌の自然な油を洗い流してしまいます。熱いシャワーを浴びる頻度が増えるほど、肌はより乾燥し、刺激により傷つきやすくなります。

-ペットの寝る姿勢がオーナーの睡眠の質と健康にも影響します。加えて、動物アレルギーでない人も、ペットのふけや毛が原因で、目や肌の炎症による睡眠障害になる場合があります。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

畑耕平 さくらい声優事務所